夏休みの終わりに 〜子どもの心身のケア〜|所沢市の往診専門鍼灸院(女性スタッフ常駐) 聖母治療院

サイトマップ

04-2925-8834

夏休みの終わりに  〜子どもの心身のケア〜

夏休みの終わりに 〜子どもの心身のケア〜

 

「夏休みの宿題、終わった?」

 

今の季節、時候の挨拶のように、

大人が子どもに尋ねるフレーズです。

 

「うん、終わったよ!」

と即答する子もいれば、

「まだ残ってる・・・」

と歯切れの悪い子もいて、

つくつく法師の蝉時雨のなか、

夏の終わりの子どもは悲喜こもごもです。

 

 

 

9月からの学校生活を待ち遠しくしている子は、

協調性に優れ、嫌なことを引きずらないという

メンタルの強さが共通して備わっているようです。

 

仕事で関わっている子どもたちを観察するにつけて、

私などよりもはるかに社会性と自主性を兼ね備え、

物事を合理的に考える冷静沈着な子どもが多いことに

驚いてしまうことが多いです。

 

一方、集団や組織が苦手で、夏休みの終わりを

あたかも世界の崩壊のように感じて、

8月下旬を口数少なく過ごしている子もいます。

 

私も学校が大嫌いでしたので、

夏の終わりは絶望感でいっぱいでした。

 

 

 

9月に入った始業式の日は、

温度差のある子どもたちが

教室で再会し、徐々に

日常の、夏休み前の感覚に

慣れていきます。

 

登校して1日~2日すると、

夏休み中の「非日常」の夢は覚めます。

 

問題は夏休み最後の1週間から登校後1日~2日の間を、

いかに不安感なく、取り越し苦労せずに過ごすかです。

 

親御さんは、つい、

「頑張れ!」

「他のみんなも同じだ!」

と激励して奮起を試みます。

 

それでも元気がなく、学校に行くことを

渋っている様子が強い場合、

「行くだけ行って、具合が悪かったら帰ってくれば・・・」

「保健室なら行ける?」

と、妥協案、代替案を提示するようになります。

 

このような親子の会話は、

いつの時代も変わらずに

繰り返されてきています。

 

うつ病、自律神経失調症、

起立性調節障害、全般性不安障害・・・

夏休み明けの子どもがかかりやすいとされる

精神・神経疾患は、まずご家庭で

早期発見してあげることが何よりも大切です。

 

 

 

・舌苔が白く厚く、口臭がある

・便秘と下痢が交互にある

・爪噛みや抜毛癖がある

・食欲がない

・目がうつろで、元気がない

・・・もしもお子様にこのような様子がありましたら、

ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

訪問鍼灸マッサージ 訪問カウンセリング
聖母治療院
埼玉県所沢市東町11-1
04-2925-8834

 

往診範囲

往診範囲

往診範囲

埼玉県内、東京23区、多摩地域、横浜市までの範囲で行っております。

ページトップへ