「問診」と「カウンセリング」の違いについて|所沢市の往診専門鍼灸院(女性スタッフ常駐) 聖母治療院

サイトマップ

04-2925-8834

「問診」と「カウンセリング」の違いについて

「問診」と「カウンセリング」の違いについて


当院では「鍼灸マッサージ治療」のみのコースと

「カウンセリング」のみのコースをご用意しております。



それぞれ時間は60分で、ご希望により延長も承っております。



また「心身トータルケアコース」として、

カウンセリングと鍼灸マッサージ治療を組み合わせた

当院オリジナルのスペシャルコースをご用意し、

心身両面からのケアを行っております。






鍼灸マッサージ治療の際に行う「問診」は、

患者様が訴えられる症状・病状から治療法を

探るために行う面接のことで、患者様の症状・病状が

ある疾患に一定してみられるものかどうかを

鑑別するために行います。



これとは異なり、カウンセリングで行う面接では、

患者様の抱えていらっしゃるお悩みやお辛さを

予断を持たずに親身に傾聴します。






問診は、たとえばお医者さんに、

「風邪をひきました」

と訴えたとき、お医者さんが詳しい経緯を聞き、

喉を診たり聴診器を当てたりするという、

「風邪の診断と治療」に沿った一連の会話のことを指します。



これに対し、カウンセリングは、

「不安がある」

「気持ちが沈んでいる」

「やる気が出ない」

「眠れない」

といった漠然としたお悩み・お辛さに対し、

患者様がどのように過ごしてこられたのか、

患者様の周囲の環境はどうか、

具体的にいつ、どのようにつらさを感じられるか、

・・・など、患者様の全体像を理解することからはじめ、

患者様の個性やタイプ、何を必要とされているかなどを

探っていく作業といえます。



医療機関のように、

「お薬を出しておきますから、様子を見ましょう」

という機械的、類別的な診療ではなかなか理解されない

デリケートなお悩みに、カウンセリングは適していると思います。






専門的には、問診は「構造的面接」、

カウンセリングは「非構造的面接」あるいは

「半構造的面接」といいます。



当院では患者様のニーズにより、

柔軟で多彩な面接になるよう努めております。



鍼灸マッサージ 心理カウンセリング
聖母治療院
埼玉県所沢市東町11-1
04-2925-8834

往診範囲

往診範囲

往診範囲

埼玉県内、東京23区、多摩地域、横浜市までの範囲で行っております。

ページトップへ