健康に悪い「笑い」と「喜び」とは?|所沢市の往診専門鍼灸院(女性スタッフ常駐) 聖母治療院

サイトマップ

04-2925-8834

健康に悪い「笑い」と「喜び」とは?

健康に悪い「笑い」と「喜び」とは?


笑うことや喜ぶことはカラダにいいといわれます。



笑いや喜びの感情は免疫を活発にしてくれる効果があるからです。



たとえば病気療養中の方や高齢の方は

どうしても物事を悲観的に考えがちになることが多く、

ますます細胞の活発さが失われていくことになります。



病棟や高齢者施設で落語を披露したり、

さまざまな演芸会や演奏会が催されるのも、

「笑い」や「喜び」を感じていただき、

自然治癒力を回復していただきたいという

スタッフの思いが込められているのでしょう。



ところで「笑い」や「喜び」のなかには

健康によくない──むしろ健康を害するような

性質のものもあります。



それは、

「冷笑」・・・見下して冷ややかに笑うこと

「嘲笑(ちょうしょう)」・・・あざけり笑うこと

「憫笑(びんしょう)」・・・哀れんで笑うこと

といった性質の笑いと、それに伴う喜びです。



人の不幸や失敗を喜んで笑ったり、

人をおとしめたり、さげすんだりすることで

自分が優越感に浸る笑いや喜びは、

東洋医学では「心臓・心膜の病」の原因になると

説いています。



時代劇に登場する悪代官が、

悪徳商人と向かい合って

「おぬしも悪よのぉ~」

などと言いながらニンマリ笑う・・・

その「笑い」こそ健康に悪い「笑い」であり、

東洋医学的には心臓疾患の原因となる「喜び」なのです。






小さな子供や動物の投稿動画を見て

思わず笑ってしまうことがあります。



子供や動物は「無邪気」です。



自然のままで、飾ることをしません。



たまたま目を合わせたときや、ふとした瞬間、

思いがけず可愛らしい仕草をしたり

面白い表情を目にすると、私たちは

思わず笑ってしまいます。



こういうとき、私たちは子供や動物に癒され、

なごませてもらっているのだと感じます。



「無邪気になれる笑い」

「いつもの普通の生活にある喜び」

・・・健康的な「笑い」や「喜び」のあとには

爽やかな余韻と軽い心地よい疲れが残ります。



涙が出るほど大笑いしたあとはかなり疲れ、

祭りのあとのように少し悄然とした感じを

経験された方もおられるでしょう。



嫌味のない、無邪気な笑いや喜びの余韻の間に

免疫を活発化させる白血球やリンパ球の増加や

自然治癒力を増す神経の伝達機能が向上します。



人の幸せを喜び、無邪気に笑い、

日々明るい気持ちで健康に過ごしたいものです。



鍼灸マッサージ 心理カウンセリング
聖母治療院
埼玉県所沢市東町11-1
04-2925-8834

往診範囲

往診範囲

往診範囲

埼玉県内、東京23区、多摩地域、横浜市までの範囲で行っております。

ページトップへ