院長実践! 健康ダイエット法|所沢市の往診専門鍼灸院(女性スタッフ常駐) 聖母治療院

サイトマップ

04-2925-8834

院長実践! 健康ダイエット法

院長実践! 健康ダイエット法


今年の夏前からダイエットを思い立ちました。



4月から始め、3か月で10kgのダイエットに成功しました。



特別な運動器具やサプリメントなどは一切使いません。



週3日以上のウォーキングと、医師と管理栄養士さんの指導による糖質制限だけです。



・・・このように書きますとダイエットの典型のように感じる方もいらっしゃるでしょう。






もともと私は運動嫌いです。



「運動音痴」と言ったほうが正しいかもしれません。



とにかく学校の体育は大嫌いで、スポーツと名の付くものはすべて苦手でした。



テレビでオリンピックを観戦していても、怠惰な生活で肥満気味になった自分が

情けなくなってしまう気持ちのほうが勝ってしまいました。



公園などで走っているストイックなアスリートタイプの人を見ると、

「自分とは別世界の人々なんだ」

と思うようにして、「運動」とは距離を置いて過ごしてきました。



長年そう思っていたところ、今年になって知人から

「インターバル速歩」を教えてもらいました。



私が習ったインターバル速歩は、3分間の早歩きののち、

3分間ゆっくり歩く・・・というのを5セット行うものです。



まず内科の健診で、血液検査・心臓機能・呼吸機能を診てもらい、

医師からインターバル速歩を行ってもよいという許可が出ました。



ところが最初の頃──春先は、最初の3分間の早歩きでさえも、

途中で足のすねが痛くなり、息もあがってしまい、

1セットでギブアップするというありさまでした。



息を切らしてうつむいている私の横を、

私よりはるか年上の60代、70代、80代の

元気な方々が軽快に走り抜けていきます。



いつもの私なら敗北感と劣等感を感じるのですが、

「人は人、自分は自分」

と割り切り、無理をせずに、

「そういう日もあるさ」

「とにかく、細く長く続けよう」

と自分に言い聞かせ、公園から家路に向かいました。



自分で脈拍を測り、1分間で120を超えたら

無理をせずに休むようにしました。



人それぞれ体力的・生理的な限界があるものです。






インターバル速歩と同時に、食事にも気をつけ、

糖質制限ダイエットを行ってみました。



医師から、

「総カロリーの値よりも、炭水化物(糖質)の値を気をつけましょう」

という話を聞きました。



糖質制限については本や雑誌、ネットの情報も氾濫していますが、

私は管理栄養士さんのアドバイスのもとに、

「炭水化物(糖質)の摂りすぎに注意してみましょう」

という、ゆるい気持ちではじめました。



弁当や惣菜、外食のメニューの炭水化物(糖質)の値に気を付けるようになり、

普段の食生活で糖質の占める割合がいかに多かったかに驚きました。



「ダイエット」は「苦しい」「つらい」「きつい」といったイメージがあります。



私もかなり昔に1日1600kgダイエットを試したことがあり、

かなりきつい空腹感とストレスに襲われた経験があります。



それ以降、「ダイエット」という“苦行”には関わらずに過ごしてきました。



どのようなダイエットも効果がないばかりか、

ストイックに続けていく自信がなかったからです。



正直、糖質ダイエットでいちばんつらかったのは、

ご飯の量が制限されることでした。



ご飯茶碗に軽く1杯だけで一食を済ませるのは、

最初の頃はつらいというよりも、寂しいという思いでした。



しかし・・・慣れというものはありがたいもので、

糖質よりもタンパク質や脂質に比重を置くことで、

ダイエット開始から1ヶ月ほどで苦しさや寂しさは感じなくなりました。






今年の夏は例年以上の猛暑でした。



猛暑の間はウォーキングを控え、

室内でのストレッチや、階段の昇降をしました。



夏バテしないように、猛暑の間は食事もやや多めに摂りました。



定期的に血圧測定や血液検査を行っていますが、

内科的には良好な数値を保っています。



人との比較ではなく、自分自身のビフォー・アフターとして、

健康のありがたみをつくづく感じています。



運動嫌いのスポーツ音痴に加え、

ダイエットに耐えられなかった私ですが、

さらなる理想体重&理想体型に向けて、

新涼の季節が今から楽しみです。



お一人おひとりに合った無理のないダイエット法や

インターバル速歩、ストレッチ法、ストレス解消法を

ご指導いたします。



鍼灸マッサージ 心理カウンセリング
聖母治療院
埼玉県所沢市東町11-1
04-2925-8834

往診範囲

往診範囲

往診範囲

埼玉県内、東京23区、多摩地域、横浜市までの範囲で行っております。

ページトップへ