当院の心理カウンセリングについて|所沢市の往診専門鍼灸院(女性スタッフ常駐) 聖母治療院

サイトマップ

04-2925-8834

当院の心理カウンセリングについて

当院の心理カウンセリングについて


当院の心理カウンセリングは「傾聴」を中心に行っております。



「傾聴」とは患者様のお話・エピソードを

患者様の言葉で自由に話していただき、

共感と受容に至るプロセスを大切に考えていく技法です。



患者様のお話をただ漫然と聞き流すのではなく、

患者様のお悩みを我が事のように感じて寄り添うために、

常に患者様のお気持ちを第一に考えて臨んでおります。






患者様のなかには、

「答えが欲しい」

「どうすればいいか具体的に教えて欲しい」

とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。



特に不登校などでお悩みのお子様や

思春期というデリケートで不安定な感情に

包まれていらっしゃる方に多くみられます。



心理カウンセリングは本来、ご自分によって

「気づき」を得るためのお手伝いですので、

多くのカウンセラーは相談者に「答え」を与えようとしません。



「答え」を与えるのは「人生相談」で、「心理カウンセリング」では

解決法はご自分で見つけていただく・・・という“分業”があるかのようです。






そのため当院では「傾聴」のほかに、

「精神分析療法」と「ブリーフ・セラピー」を取り入れております。



「精神分析療法」は患者様の考え方や気持ちを分析して

理論的に整理する技法で、うつやパニックでお悩みの患者様に対して

分析に基づいた認知行動療法のアドバイスをお伝えしております。



「ブリーフ・セラピー」は「短期療法」と訳され、

患者様の持っておられるリソース(心的資源)に働きかけ、

具体的な解決に向けたコミュニケーションに特徴があり、

主として「トラウマ」でお悩みの患者様にお勧めしております。



精神分析療法が「原因追及」であるのに対し、ブリーフ・セラピーは「解決志向」といえます。






当院では「傾聴」を中心に、「精神分析療法」と「ブリーフ・セラピー」を

車の両輪のようにバランスよく用いて、患者様にとって最適のコミュニケーションと

解決目標を提供いたしております。



鍼灸マッサージ 心理カウンセリング
聖母治療院
埼玉県所沢市東町11-1
04-2925-8834

往診範囲

往診範囲

往診範囲

埼玉県内、東京23区、多摩地域、横浜市までの範囲で行っております。

ページトップへ